秋の夜なが、AV監督さんの本で、セキララお勉強はいかが?

夜の仲良し専門カウンセラー浅田塔子です。

以前も、ご紹介してするとアマゾンで、即売り切れちゃった。

(前回の紹介記事はこちら)

この本は、闇の中にいた頃に一筋の光明でした。

愛されている感じがしなーい。いつも不安!ってときに、読んで、「はぁーん。そっか。そう言うことか」と腑に落ちました。

「どうして、私が好きになる人は、私を好きになってくれないの?」

この悩みもずばり、解決できます。

姫たちが、このような感想を送ってくださってますよ〜

こんにちは、塔子姫お薦めの本を読んでいます。途中なのですが、心に刺さる言葉がありました。

「自分に恋していて、自分を愛せていない」

こんな言葉初めてです。

でもすごく納得ができます。

自分を好きになれてきた気はするけど、なんとなく虚しさとか悲しさみたいのが心にあって、どうしてだろう?って思っていました。

素敵な本を教えてくださってありがとうございます。引き続き読み進めます

塔子姫

こんにちは。本読み終えました。

心から自分と彼を愛したいって思いました。

彼を想うように自分も想い、彼を大切にするように自分も大切にしたい。

穴をふさぐためじゃなく、穴を認めて自分と彼の穴ごと愛する。

これからも自分の感情を受け入れられなかったり、したくないことをしてしまうことをあるかもだし、

未来や女性であることにこだわったり、目を瞑ってまぐわったり、

感謝されていることに気づかず、

愛されようとしてしまうこともあるかもしれないけれど、

それでもちゃんとできなくても、しっかり自分を抱きしめていきたいなって思いました。

塔子さん、ありがとう

男性がそう言う行動をとるのか、男性心理も詳しく書いてあります。

あなたが、どして感情のドツボにはまってしまうのかも。

タイトルが「愛してくれない人」になっているけれど、「愛を受け取りにくい」女の子には読んで欲しいです。

「愛してくれない人」って思いたくない姫には、倦厭されがちだけど、彼が会いに来てくれない、やり逃げされた、とおもう姫には、とーってもおすすめです

性において、女性が成長したほうが、そのカップルがうまくいく♡

じゃ、彼と私、今どんな感じなのか、赤裸々にわかります。

この辺りを書けるのが、性の世界で、男女の愛を見つめつづけてきた、二村ヒトシさんらしいです。

アマゾンでベストセラー1位、星4つの高評価の本です。

メルマガ:夜も愛されるヒミツ♡

セクシャリティを開花して、カレや旦那さまのハートをぎゅっとつかめる、
オトナ姫のためのメルマガです。

メールアドレス 

※携帯アドレスの方は、以下のふたつのアドレスを受信許可にしてくださいね
@88auto.biz
info@toko-asada.com

 

LINE:浅田塔子ひみつマガ

LINEだけのゲリライベント、応援メッセージ、愛されるおもしろ小ネタも発信中

友だち追加

——————————————–

【浅田塔子の個人セッションのお知らせ】

彼の天使にも悪魔にもなれる、愛されすぎる個人レッスン2019年分は満席です。

オトナ可愛くセクシーに♪ずっと愛されつづける6ヶ月コース2019年分は満席です。

欠員、再募集のお知らせは、上記のメルマガよりご案内いたします。