「生」と「死」の取り扱い説明書

こんにちは、浅田塔子です。

今日は恋愛に関係のない本を紹介します(笑)

いらっしゃる姫さまが、セラピストさんや医療関係の姫がいらっしゃるから、この本おススメします♡

 

人ってね、、究極には死ぬのが怖い。

人類の文明は「 死の恐怖 」があったから、進化したと思います。

もし人類が完全に死の恐怖を失ったら、絶えちゃうとおもう。

でも、最悪、孤独で死ぬのが怖くて、みんなうぎゃぁってなってる。

他人と一緒じゃなくちゃっていうのもね。

結婚できないと、サイアク孤独死とかいう発想もね。

愛されないと、孤独で死ぬ。とかも。

死ぬ、とか生きるっていうのが、根本ゆがみまくり。

セックスも生と死のシンボルだから。

 

そんなわけで♪

死とは生とは、自分を生きるってなぁに?ってことが見えてきます。

この本を紹介しますね。

「生」と「死」の取り扱い説明書

 

●夜も愛されるヒミツ♡

セクシャリティを開花させて、カレや旦那さまのハートをぎゅっとつかみたい。
オトナ姫のためのメルマガです。

女性性と向き合うと、どんどん仲が良くなります。あなたを離さなくなっちゃいますね♡

メールアドレス 

※携帯アドレスの方は、以下のふたつのアドレスを受信許可にしてくださいね
@88auto.biz
info@toko-asada.com