わたしって「セフレ」?セフレ疑惑から卒業したいあなたへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは塔子です。

ときどきね、
セフレっになるのだけは嫌だとか
セフレってどう思いますか?

ってメッセージをいただくの

今回は、ブログですこし詳しくお話しますね。

 

セフレという考えかたを持つの?

 

基本、ご自分の人生の中に「セフレ」という言葉のエネルギーをインストールしてい生きている方って

セクシュアリティへの抑圧とゆがみが、大きいんだと思うのね。

男の人のもつ愛や
男の人の持つセクシュアリティーって

女性と同様に

素晴らしく素敵なもの。

S♡Xをすることを、どこかで汚らわしいものだと思ってる。

体目当てとか
自分を何かの代用品にされているとか
わたし体の代わりはいくらでもいるんだとか、
男性の性欲は得体が知れなくて怖いものだ、とか。

あらまぁ、それは抑圧状態なのね、って思います。

ご自分の性について軽視してしまっているし

男性の性(欲望もふくめて)に、ひどいジャッジメントを持ってるの。

交わることに、心からの尊敬を持つとは

オンナとしてのご自身にも

オトコとしてのお相手さまにも

くもりなき眼で見さだめ 

あるがままを受け入れるということ。

 

そこに、重たーいものは存在できないんですね。

 

わたしの人生に
セフレという文字は存在しないんです

誰かがどんなにわたしをビッチとよんでも
平気です。

セフレという言葉を使っている女性でも

「22歳と29歳、30歳、3人のセフレと逢瀬をたのしんでます♡」

とメッセージくださるけど
性を楽しめている女性ってとてもステキだと思うのよね。

相手の肩書なんてどうでもいい。
自分のことどう思われてるとかも。
真剣に向き合っていたら、二人の中にアリ一匹すら入り込めないもの。

お相手と深め合うってそういうことでしょ?

 

 

 

レモンとセフレ卒業

レモンを想像しないでください。といっしょで

セフレにはなりたくない。そんなのは絶対イヤ。

って思い描きながら生きていると

すでにセフレの人生なんですよね。

だって
「レモンを絶対に想像しないで、絶対に駄目だから!」

って強く思うと、
目の前にレモンはないけれど、
より鮮明にレモンが頭を離れないし、
どうかすると口の中は酸っぱい味さえしてくる。

 

つまりね、
セフレにはなりたくない
は。セフレなんです。

ら、乱暴に言っちゃいました^^;

 

どういう意味かというと
もうエネルギー的には、人生の中に登場させちゃってますから。

つまりね、セフレを卒業するとは

そのエネルギーをDELETE(デリート)消すってこと。

ただS♡Xをホンキで楽しむってこと。
どうやって、楽しむか考えるってこと。

S♡Xは楽しむものじゃない、
捨てられたら最悪だとか
意味づけしていたり

S☆Xしたんだからっ!
って相手から見返りを要求しているのでは

永遠にカラダの芯から、心の底から、愛しあうことはできないの〜

セフレ問題を抱える姫は

・ご自身のセクシャリティへの愛情の問題

・ココロとカラダが分離してしまってるから一致させること大事ですね♪

みなさまここを苦労されますね。

 

 

センシュアルメイトとSEXするってスゴイことなんだよ

ご自分のカラダやタマシイをとおして

S♡Xをするとは

宇宙が与えた至福のよろこび。

創造の源。

カレがセックスについてこう言ってくれたことがあるの

「S♡Xする時、カラダだけじゃなくて君のタマシイも抱いているんだよ」

その感性スゴイな!って思ったの。

女の子は、抱かれるというスタンスの人が多いけれど

わたしは愛する人をカラダに受け入れ、包容しながら交わってる。

カレの言葉を借りれば

オトコを抱く。
そして同時に、パートナーのタマシイもしっかり抱いてあげてほしいなって思うな。

至福の世界って
甘くて、とろとろで
お互いの可能性が広がり続けるようなスゴイ感覚なんですよ♡

女性の持つ子宮のポテンシャル、
とざしたままなんてもったいなさすぎます。

開花させていきましょうね♪♪

 

 

 

ひみつの夜の愛されメルマガ

メールアドレス 

※確実なお届けのために、パソコンアドレスをおすすめしています♡

携帯アドレスの方は
@88auto.biz
info@toko-asada.com

ふたつのアドレスを受信許可にしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る