❤️フェミニンケアで姫ちつになる♡

デリケートゾーンケア♡女の子の意識を進化させて

こんにちは、塔子です。

女の子が生涯、姫でいるためにフェミニンケアって大事こと。

オンラインセミナーでもお伝えしてるけれど、

今まで知らなかったケアをするだけで、愛する人との、夜の時間は、全然違ったものになってくる。

でも、やっぱり膣をさわれない・・・そんなご相談は多くて。

怖いけど、進みたい。諦めない気持ちは大切。

むかしねデパートに、セクシャルグッズのコーナーができた時の新聞の記事。

「婦人服売り場にアダルトグッズ・・・」

大丸奇策

大丸梅田店、婦人服売り場に22日アダルトグッズの特設コーナーが設けられる。

と書いてありました。

最近は伊勢丹さんがオンラインでフェミンケア用品を販売したり、

化粧品会社さんも、デリケートゾーン専用の商品を販売する時代。

もっと女性性のヘルスケアって進んでくるのは間違いがないこと。

百貨店の実店舗で売られ始めても、変なことはないのだけど、

新聞、書き方がなんだか、イヤラシいです^^;

デリケートゾーン専用のソープのことを「下半身用の液体せっけん」

おじさんが書くと、おじさんが読むと、それを想像するだけで、生理的に気持ち悪い感じがしてくる。

男性の性のことを否定しないでね♪

とお話している立場上、表現には気をつけたいなって思うんだけど、

記事を見ると、やっぱり、女の子が生理的に「性」に対して後ろ向きになってしまうのも、わかっちゃうなって思っちゃいます。

男性目線からみた女性の性が、ジョークやお酒のつまみ、猥談に聞こえると

女の子は下品だと思って、閉じてしまう。

フランスでは一流百貨店にインティメイトケア(女性用ケア用品)が神々しく置かれていたりする。

スーパーや薬局の女性用ケアコーナーに、セクシャルヘルスの用品が普通に並んでいる。

日本では、コスメキッチンなど化粧品や雑貨屋さんで、雑貨扱いでしか販売できない。

膣の美容液といってはいけない。

薬事法や、いろんな大人の事情で、女性性をあつかうものは厳しい環境にあります。

女の子が官能を追求したり

フェミニンケアをしたり、することは私はとってもいいことだと、思ってます。

トイが、同性の女の子がすっごく可愛く、ジュエリーのようにつくってくれているのを見ると

ほんとうにワクワクします。

インティメイトケアをするって、

ランジェリーを身に着けることと同じ。

普段遣いあり、ドキドキあり。

女の子特有の内面から浮き立つ感じ♡

それは自分が女の子であることを幸せに思ってる感覚。

女の子はハッピーだと思えること。

女性であることを、うれしいなってちょっとでも誇りに思えること。

男性の性を尊重することにもなる。

愛する人と深く交わるって、刺激的なことをしないといけないわけじゃないと思う。

ささやかな、

ふんわりとした感覚をより「センシティブ」に感じることだとおもうな。

今まで知らなかったケアをするだけで、愛する人との、夜の時間は、全然違ったものになってくきますよん^^

 

ABOUT ME
塔子
セフレから本命になる!あなたを彼の1番にする、性愛のヒミツ
動画講座一覧