生きていくのが楽になりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、浅田塔子です。

幸せになるのに、乗り越えなければならにモノがあるとしたら

なんだと思う?

それは、親なの。

まずは両親を超えなければいけないってこと。

 

カウンセラーさんカウンセリングをうけた人は分かると思うけど、

必ず幼少期のことをぐりぐりされます。

 

願いをスルンと叶えたり、180度違う世界っていうのは

過去の自分を向き合い鎧を捨てていくことから。

自分との「信頼関係」を結ぶこと。

それは自分を愛するということ♡

塔子さま

今日セッションを受けた○○です。

あのあと帰りの電車の中で、身体の中から少しずつ緩んでいく感じがわかりました。

軽く電車酔いもしました。

 

塔子さんに、

小さいときから身体が緊張している

子供の私は消えてしまいそうな存在(あってる?)

と言われて、すごく納得しました。

 

小さい頃をイメージすると、ひとりで遊んでいるときしか思い出せないし、

その時に、ひとりが寂しいとか、

遊んでほしいとか

言えないまま(言おうとも思っていない)遊んでいるの。

こんな頃から母親は、私に言いたいことを、言わせないように圧力をかけていたんですね。

 

昔から呼吸が浅くて深呼吸ができないし、

心拍数も高くて

(小学生の頃体育の授業で脈拍を図ると、私だけダントツに数が多かった)

どうやったらリラックスできるのかなと思っていたのです。

こんなに小さい頃から緊張していたら、たしかに自覚できないな(ー ー;)

 

いい子でいるとか、言われたことを守るとか、この前提自体が思い込みだったなんて!

『できなくていい、ダメでいい』の意味がようやくわかってきました。

これが受け入れられたら、生きていくのが楽になりそうです。

 

まずは思いつくままノートにいっぱい書いてみますね。

身体が落ち着いたらまだまだ頭の中も変わりそうだし、嬉しいです。

 

それから、親以外の人達に守られてきたことも自分で選んできた、と塔子さん言われたでしょ。

これを聞いて安心しました。もう心配することはないんだって。

 

塔子さんに出会えてよかった♡

他の人は「それでもお母さんはあなたを愛しているよ」的な話に持っていくけど、塔子さんはそれがないから好き(笑)

…真面目な話、カウンセラーさんとの相性も大事ですね。

何でも気楽に話せる塔子さんと会えたことは大きな事です(*^^*)

わたしは、親を大好きになる必要はないと思っています。

それは虐待を受けた子供時代がある私だから言えることなのかもなぁ。

ずいぶん親と和解したい。涙を流して謝罪してほしい、あなたはいい子ね。

みたいな言葉を聞きたくて死ぬほど努力したけど、無駄でした~。

年に1度ぐらい会うのですが、

いまだに、笑顔だったかと思うと、いきなり豹変して「売女(バイタ)」「娼婦」といいはじめますよ♪

むかしは傷ついてましたが・・・

変わらない母であることを心から信頼しています。

そして、わたしはキュートなバイタなので全然いいのです♡

 

彼女なりの愛はあったのだと思います。

でも両親の愛というのは時に子供が望む形ではないのですね。

いや、ほとんどが、そうなのかな。

 

知っておいてほしいことがあります。

親の愛とは無条件ではなく、条件付きだということ。

親にとって都合がいい時だけ、優しくしてくれる。という条件。

 

だから、大人になっても、いい子になろう、いい人って思われいって必死なのですね♡

 

少し話は変わりますが、心の成長のために、成長期に必要なことがあると言われているの。

それは2つ。

・愛を注がれる

・反抗する

ひとつめは、親が子どもの感じていることに、共感して寄りそい、肯定すること。

二つ目は、子どもが親とは違う意見を持ち始めること。

この二つがあって、親からの自立すると言われています。

自立後、誰かステキな恋人と関係を結ぶの。

 

でも十分に子供のころ私のこと、認めてもらえないなぁって感じていると

そのあとずっこけます。

 

ずっこけるってね(笑)

・嫌われるのが怖い~。

・不安になっちゃう。

・見捨てられそうな感じになる。

・一人ぼっちな感覚がする。

になるのですね。

専門用語で、依存、自立の失敗ともよびます。

 

これは、虐待・親のムシがなかった場合も普通におきます

 

何かうまくやろう、失敗しないように神経を使っていたり。

人の顔色をみちゃう

がまんしがちだったり、

理想を追いかけたり、完ぺき主義だったり、

妄想が始まったり。

「わたし、わかってもらえてない(涙)」

「わたし、あいされてない」

は、自分の発達段階で起きた、ナニカがあるってサインなの♪

 

でも安心してください!

 

「愛のつまり」をとれば、しあわせはスルンとキャッチできるの♪

私自身が180度ちがう世界を経験したし、

姫さまたちも、願いを叶えています。

 

まずは親からの制限を超える♡

上手くやろうとしなくていい。

失敗しないように生きなくていい。

もっとやわらかく、ゆるふわに生きていいってこと。

だって、女の子だもん。

自分だけの力で何とかしようと、もがかなくてイイんだよ。

自然に委ねて、願いをスルルンと叶えましょ♡

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る