人生を変えるくらいの衝撃でした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、浅田塔子です。

今日は素敵メッセージを皆さまにご紹介しますね。

とある記事を読んで「人生を変えるくらいの衝撃」だったのだそう。

愛されたい!って求めすぎても恋愛はうまくはいきません。

その謎と心の仕掛けに、気づかれたのです!

素晴らしい気づきです。

彼に愛されたい=私に愛されたい。

深い意識は自他の区別がつかないのよ♪

 

塔子ひめ、こんにちは(*^^*)

先日、メールの返信をいただいた者です。

「大丈夫。変われるよ。」という言葉にとても勇気付けられました。

いただいたメールは大切に保存して、不安になるたびに読み返しています(*゚▽゚*)

塔子ひめのブログも、こころのお薬になっています。

毎日少しずつバックナンバーを拝見しています。

その中で、3日前に読んだ

2016年10月3日の記事。

私の人生を変えるくらいの衝撃だったので、ご報告いたします。

「わたしにね、愛しているよっていったら、いっぱい涙が出るんです。」

この一文で、堰を切ったように涙が溢れてきました。自分でもびっくり!

こんなに泣いたのはほんとにいつぶりだろう?というくらいに。

「大好きだよ」

「辛かったね」

「がんばったね」

「大丈夫、いつもそばにいるよ」

声をかけて、自分で体を抱き締めて、撫でて。

それから、この3日間は、気づいたら涙が流れているというような感じでした。

 

そして気づいたことがあります。

もうずーっとずーっと、私は、

もしかしたら生まれたときから、

一番そばにいる自分自身を、苛めてきたのかもしれません。

本当は弱いところも

カッコ悪いところも

ダメダメなところもあるのに、

それを認めるのが怖くて、

ひたすらいい子を演じていました。

私はひとりでも強い!って思いこんでました。

でもそれは違うんだとやっと気づきました。

 

弱いところ、ダメなところ、できないところ。

それをすべて自分が許して、抱き締めて、認めてあげることが、本当の強さなんだろうなぁと。

そしてそれが、自分を愛してあげるということなんだなぁと。

ダメなところとか弱いところとかを認めて、それを隠さなくなると、自分が良い意味でゆるんできますね。

そうか…ゆるふわって、こんな感じなのかなぁ。

 

私はその「強がり」で仕事をしてきて、恋愛よりも仕事優先でした。

ゆるふわからは程近い、ごつごつでした(笑)

仕事もゆるふわになれたら、もっとうまくいくかもしれません。

そしたら、きっと恋愛もうまくいくと思うんです。

そうなったら、きっといつも笑顔でいられると思うんです!

変わりたい。変わりたいなぁ!!

 

ずーっと、「誰からも愛されない」って寂しさを抱えて生きてきました。

愛されたい!と彼に求めて、愛を求めすぎて

いつもうまくいきませんでした。

 

でも、自分が一番自分のことを愛してる、

生きてる限り私が自分を愛しているんだから、誰からも愛されてないなんてないよ!って

自分自身に言い聞かせたら、怖くなくなってきました。

 

今、付かず離れずの大好きな人(元彼)がいて、曖昧な関係にモヤモヤしていたのですが、

良い意味で、そばにいなくても大丈夫な気がしてきました。

このまま離れてしまっても、何かがきっかけでまた近づいても、どちらにしても、

私がゆるふわ~でいられればそれでいいなぁと(*^^*)

 

まとまりがなくなってしまいましたが、

感謝の気持ちのメールでした。

いつか塔子ひめのセミナーに参加してみたいです♡

今年中に叶えたいなぁ

それでは、すてきな桜の季節。

塔子ひめも毎日笑顔で過ごせますようお祈りしています!!

 

素敵なメッセージありがとう!

バックナンバー読み返していただいて本当に感謝です♡

涙たくさん出るっていいことなの

感情ってね溜め込むと、重い女の子になっちゃうから。

涙とともにバイバイしていくと、ふんわり女の子になれるから。

 

愛ってね、柔らかいところにポンと降って来るもの。

がむしゃらに求めてクレクレ〜では叶わないから。

不安や悲しみと、愛は同居できないのよ。

自分に寄り添い、

優しい声かけをすること。

よく頑張ってるよって。ねぎらう。

あなた自身が愛に包まれる。

満たされる。

幸せや愛を心から感じれる姫になるのよ

彼があなたのことを、ベストパートナーだと感じるには、このステップが必要なの。

 

あなた自身のココロを幸せに。

姫が100%幸せでいることに責任を持つ。

彼の愛は、自分を慈しんだ「ご褒美」なのだから。

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る