自分の「好き♡」を真ん中にする生き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは浅田塔子です。

彼氏とのおつきあいで自分の素直さが出せない・・・。

楽しいはずの恋愛が苦しくなっちゃう。

あれれ、なんだか涙が出ちゃう。

自分の気持ち上手く伝えられない。嫌な子になりたくない。分かってほしいのにってジレンマになることありますね。

 

自分のホントの好き好き♡に注目するとぐんぐんゆるふわが開きます。

先日ね、セッション中の姫がこんな風に言っていたの。

 

35年間、人の意見で生きてきたって思います。

小学校の時、ピンクの服が好きだった。

近所の3人の子が、私ピンク嫌いっていったから、ピンク嫌いになった。

ストロベリーアイス、好きだったのに、ピンク色だったから、食べなくなったんです。

ほんとうはピンクが大好きなのに。

 

「好き」に素直になれなくなったのは、ほんのささいな過去のことかもしれない。

でも、そこに気づくとぐぐぐ~~~~~っと変化が。

つぼみのお花がポンポンと花が開くようになるの。

気づいていくことで、大好きな彼とのゆるふわへのキーを手にするの。

女の子はね、みんなお姫さまのように大切にされる存在なんだよ。

 

 

 

わたしたちは本来、ふわふわで、やわらかいのです。

セッションの姫さまは、あ~~~!!って気づきがあったのですね。

言葉にすると小さなできごとに聞こえるかもしれない。

でも、彼女に何かすごーく起きたことを感じました。

 

わたしたちは、悲しいぐらいに他人の意見に左右されながら生きています。

ときには大切な宝石の「好き」という感情にもフタをさせる力があります。

ティアラのせちゃダメなんだ…

ドレス着ちゃダメなんだ…

それが、オトナになると、本当に好きな誰かのために「好き」で生きれないくなるの。

あれがないから、好きじゃない。

こうしてくれないから 、愛されてないんだ。

・あなたの心からの叫びは何ですか?

・あなたの心からの「好き」はなーに?

スネ子ちゃんのままなんてもったいない。

あなたを素直に生きていい。

自分の「好き♡」を真ん中にいきると、もっとゆるふわ愛され姫なのですよ♡

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

夜も愛されるヒミツ♡ゆるふわ姫のための無料メルマガ

大人の女性としてセクシャリティを開花させて、


カレや旦那さまのハートをぎゅっとつかみたい。


そんなオトナ姫のために、メルマガをお届けしています♡


カラダの向き合う・女性性と向き合うとグングンよくなります。


あなたを離さなくなっちゃう♡


 無料購読はこちらからお申し込みくださいね。




ひみつの夜の愛されメルマガ


   


メールアドレス 




※確実なお届けのために、パソコンアドレスをおすすめしています♡


発信は


@88auto.biz

info@toko-asada.com


ふたつのアドレスからさせていただいています。