やっぱり彼とはお別れすると決めたとしても

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

073030-1

こんにちは、浅田塔子です。

やっぱり彼とは、うまくいかないと気づきがやってきたとき。

一人になる覚悟しなくちゃいけないんだ、と思うと泣きたくなりますね。

でもね、わたしは思うのです。

えらい、がんばったねと。

 

なぜなら、世の中にどれくらいのカップルや夫婦が、思いやりや、優しさ、愛がないのに

一人になるよりはマシだからという理由で、一緒にいることを選び続けているでしょう?

 

ひとりになることは、怖くも覚悟がいることじゃないんだよ。

 

淋しいことじゃない。

有ったものがなくなるのは、怯えてしまうほど、こわいことじゃないんだよ。

 

今回の選択が、自分の尊厳のため、とても素晴らしい選択をしたのだということ、知ってください。

 

つまりね、

それは、

とても、褒められることだということ。

 

こんな素敵な選択ができる姫が、幸せになれないはずがないと思います。

愛されない人はいません。

そこへたどり着けるの地図はあるのです。

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る