カレを助けてあげたい時は。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、浅田塔子です。

 

カレを助けなきゃ、

カレに居心地よくいてもらわなくちゃ、

私が彼を幸せにしなくちゃと思っている姫へ、今日は少し書きますね。

 

ちょっと視点を変えて考えてほしいの。

カレは、あなたが気づかって、幸せにしてあげないといけないくらい、不幸せな存在?

助けなきゃいけない?

 

カレのために頑張らなくっちゃの意識は、

アナタと、彼との間に分離感を生んでいます。

 

わたしはそうでもないけど、カレは不幸な存在という。分離感。

 

「 不幸せ 」は姫の心が創り出しています。

わたしは世の中に不幸せな人は一人もいないと思いますよ^^

 

あなたの目線しだいです。

 

カレとひとつになるとは、垣根のない感覚♡

h8

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る