ただ、喜びのために生きよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

gf01a201503220300

こんにちは、浅田塔子です。

ときどきね、バタバタ時間に追われて、パソコンで仕事をしながらご飯を食べてます。

よくないなぁ・・・。と思いつつも、やることで頭がいっぱいで(笑)

そんな私の眼の中に飛びこんできた文字。

 

ただ、食べる喜びのために食べよ。

目からうろこが落ちた~。

 

そこにはこうも書いてありました。

人生とは喜びのためにある。

つまりね、セックスは喜びのためにセックスしなさい。

食べることも、喜びのためにたべなさいってことを伝えて。

 

私もまだまだだけどね、

みんな、ただ喜びやハッピーのために生きよう♡

 

どこまでも心地よくいること、

あなた自身の大親友であるカラダを喜ばせてあげること。

あなた自身の魂が喜ぶことをやるの。

 

ただひとつ分かってほしいこと。

他人の笑顔や心地よさを自分の喜びにしない。

これとっても、とっても、大事なの。

 

やりすぎて、空っぽいなってる姫、多いもん。

 

だから他人の笑顔や心地よさを自分の喜びにするのは、卒業しよう。

 

セックスがカレを喜ばせるためだったり、

魂が喜ぶのを、カレが抱きしめたくれたとき、、というのは、恋愛依存(^^;

 

女の子の幸せはね、

誰かの奴隷になったり、愛という名前の付いた報酬がなくても、

自分自身がとびきりハッピーでいること。

 

そうさせないものはすべて、無くしてしまっていいんだよ。

 

もちろん、いまからだって遅くない。

 

オンナの幸せって、誰かにお願いしてそうしてもらうんじゃなくて、

あなた自身が幸せを作れる。

 

心とカラダがのために、ふんわりするする喜び、

ちいさいけれど、心地よさを選択しつづけた先に、姫としての幸せがあるんだよ。

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る