自分のホントのココロが言えるようになると、膣はもっと潤う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 101

こんにちは、浅田塔子です。

わたしね、いつもセミナーの前、うじ子さんになるんですね。

うじうじ、できない、話せない、ぐちぐち。うえーん。あ~もう~う~~~。

こんな言葉を連発します。

彼に「よる時間開けといてね」と言って、電話の予約をしてぐじゅぐじゅを聞かせてます。

「あ~また始まった、いつものウジウジのウジ子さん(^^;」

そういって、ウジ子さんの話を聞いてくれるのです。

そして、当日も英子ちゃんの前でも、あ~う~もうだめだ~とかいいながらウジ子さんをやります。

英子たんは微笑みながら、「緊張て分からないの~」と。

うらやましいです。

うじ子さんになるって、本当に大事にしていて

できるフリ、いたしません♡

講師らしい振る舞い、いたしません♡

だって、5歳児だから(笑)

緊張するものは緊張する。

叫びたいならさけぶ。

 

イイ女、イイ人気取っているときは、できなかったのね。

思いを口にできない、口にしない、

最悪、感じないようにして生きていました。

 

失礼なこと言われても、へらへらつくろってたし、

理不尽なことも、がまんしてた。

 

イイ人やめて自分と向きあうこと、

本当はどう生きたいのか気づくことでどんどん良くなったよ。

 

愛されない人生って、重たい思いを抱えてる。

大切にされない女性って、自分のハートを封印してる。

 

 

ほんとにね、自分の感情や思いって大切なんだよ。

ネガティブもポジティブもない。

 

あのね、感情や感覚をつたえる。

これができないと彼とのつながりは持てないんだよ。

 

子宮も膣も感じてるのを表現できてこそ、潤うし、むぎゅむぎゅって動いてくれるの。

自分のホントと向き合うようになって、セックスってとっても良くなった♡

カレとのつながりもね。

 

カラダだけじゃなくて、ココロや魂、見えない部分でもつながる。

 

もっと自由に、感じて。表現して。

オトナだってママだって女の子。セクシーに生きよう♡

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る