結婚=幸せという洗脳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

s17

こんにちは、浅田塔子です。

 

わたしね、本当に愛されるってどういうことか。

こころから愛されたくて、この道を追求する旅が始まりました。

過去、結婚してみたけど、

結婚したからといって、満たされたわけじゃなかった。

不安感ってどこかあった

 

だから結婚したら幸せになるは幻想だったなぁ〜て思います。

 

愛を育めるゆるふわ姫体質に変わるのには、

一つ大切なお約束があります。

 

それは、愛よりも結婚に囚われすぎると

女性としての幸せをのがしちゃうこと(^^;;

 

愛、幸せと、入籍(結婚)は別物だということ。

 

一般的に男性は出世して世の中で認められること

女性は結婚することが

幸せであるかのように言われているよね。

 

これは、幸せになるために

ぜったいに必要?

わたしのこたえはNOだったよ。

 

だって、よく考えて?

出世してる男性のどれくらいがほんとうに幸せ?

家庭は冷え冷え、カラダボロボロ。

 

結婚して、子どもはできたけど、その人たちほんとうに幸せ?

淋しすぎて外に優しさを求めたり

旦那さんに彼女がいたり。

子どもが不登校だったり。

姑の問題。

 

カウンセラーになるなら

夫婦カウンセラーと不倫カウンセラーのどちらかにしなさい。

といわれるほど

 

今の人たちは愛に飢えているの。

 

あの手この手で癒しを求め、

疑似でもいいから愛みたいなものを探し求めている。

 

えっとね、結婚が悪いことだと言っているのではないよ。

 

入籍だけに価値を求めると

優しさは伴っていない結果になっちゃうの、わかる?

 

結婚してくれない、わたしって愛されてない。

結婚できないって、わたしってダメ人間。

 

そうなると迷子ちゃんです^^;

 

二人で心からつながりあえる絆があって。

その一つに、結婚という形式があってもいいと思うの。

 

結婚というカタチに執着して、自分を見失わないで。

 

結婚したほうが体裁がいいというのは、

世の中価値観や歴史的価値観。

ビジネス戦略。

 

愛しあえる喜び。

カラダのぬくもりをわかちあっていること、

大切にされているということ、

かけがえのない笑顔とともにあるということ。

 

カラダと魂で引き合ってひとつになるの。

 

愛しあうてほんとに素晴らしい♡

ユニバースはこんなにたくさんのギフトだら。

 

女の子は愛される生命体なのだから。

本当の女性としての幸せに出会ってくださいね。

 

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る