S♡Xってね、 「女の子がどれくらい満足できるか」なのよ♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


浅田塔子です。

日本人の女の子は、

S♡Xに対して、知識不足だなぁと感じることが多いの。

・どうしたらいいのか、わからない。

・そんなものだから、聞かない。

・恥ずかしい。

 

「彼には不満はありません。

でももっと仲良くなるにはどうしたらいいですかね?」

って質問をいただくけれど、

そもそも、エッチでどんな事ができるのか、

知識としてないし、

 

おそらく、ほんとうは感じてないんだろうなぁ。

女として真の官能っていうか、

気持ちよくなれてないんだろうなぁ。

っておもっちゃうのですね♪

 

でもそれは「不満でもない」んだなって。

 

もうもう、もったいなさすぎますー!!

好きな人がいて、身体を交わらせるのに!!

 

私が思うに、セ♡クスってね、

「女の子がどれくらい満足できるか」なのよ。

男性も、女の子が官能に悶えている姿や

オーガズミックなエネルギーを求めてる。

肉体の物理的な限界をこえて、「ひとつになる」ってこと。

これは「女の子がどれだけ貪欲に気持ち良さを追求できるか。」

にかかってるの。

相手ではなく、まずは自分のカラダに集中する。

微細な性エネルギーをぐっと

子宮(創造の源)に貯めて練るってこと。

そして愛する彼に官能のエネルギーを

分け与えるってことなのよね。

小難しくなっちゃったけど、

乙女よ、まずは自分が感じなさい。

奥深くまで、彼を迎え入れて、貪欲に感じてみて♡

以上♡

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る