女のタマシイが穢れるセックス♡穢れないセックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、浅田塔子です。

「セックスで、旦那さんを受け入れるのが苦痛です」

先日ね、そんなメッセージをいただいたの。

うーん、しなきゃいいのに。

愛情・好意・敬意どれもないのにセックスするのは、ただの男性の排泄行為を手伝っているに過ぎないわ。

娼婦といえども、

目の前の男性と、どうやって官能の極みに行こうか。

この男性の体と性を愛し尽くそうか。

そう思って、セックスするのはタマシイは汚れません。

でも、求められたから、脚を開くのは、私にはとってはタマシイが穢れる行為。

自分で自分のカラダをレイプさせるのと同じだわ。

大人世代のセックスってさ、あと何度できるかわからない、タマシイのふれあいに本気で向き合うことだと思うわ。

だから、若い時のように興味本位なせっくす、男性の出したい欲求のなし崩し的なセックスとは違う。

セックスは「愛情の確認」のような抽象度の低いものじゃない。

わたしにとって、セックスとは、男性の体を愛し尽くし、官能の極み、至福の世界。

タマシイとタマシイの融合だったり、統合だなぁ♡

肉体の境目をこえて、「存在がひとつ」になる感覚だよ♡

 

「自分の心の穴の寂しさを埋めるために男と寝てました」

そう告白してくれたクライアントさんがいて、

そのお話を聞きながら、気づいている彼女はとても素晴らしと思ったんですよね。

寂しいさを埋めるために男とセックスしてもいい。わかっていてセックスしている姿は潔くてかっこいいもの。

男で寂しさを埋めるためだったとしても、

体の関係の時は、ホンキで彼の肉体を向き合い、本能レベルでの性のエネルギーを交換すると、癒されるし、その先は至福の世界にたどり着くもの。

姫のエネルギーを感じるとね、一見おしとやかで怖がりさんみたいに見えるけど

本気で彼が好きで、抱かれる時は、本気のエネルギーをドンと出してぶつかってる人だなぁって。

すごく癒しの力を持った性の力を持った男性もいるし、

彼の腕の中で癒されてく姫もいる。

性のエネルギーってすごい!!

交わって、エネルギーを交換して、愛の循環の果てに、お互いが引き合う魂のかけら同士なんだなぁってわかるんだよね♡♡

セックスって本当に素晴らしいと思うの。

大好きな人とこんなにひとつになれるなんて♡他にはないもの。

そんな愛し合う人と、もっとトロトロに♡豊かになっていく感じ(^_−)−☆

うるおう膣と子宮のパワーを感じてくださいね!

 

「さらに愛される子宮、トロトロのうる膣のための姫塾」

・姫の官能エネルギーの高め方
・「性」のチャクラが開く、言霊ヒーリング
・40代の男の危機・女の危機
・フェロモンが流れ出る姫「膣」トレーニング
・カレをキュン☆ならまかせて!ベッドでの姫かわいいお色気
・今さら聞けない、肉体で愛し合うイロハについて基礎
・男はこう誘われたい
・ベッドの上での甘え上手
・彼の夜の誘い、傷つけずに断る方法
・エッチを断った後フォロー方法
・彼がよだれを出して求める〇〇な女性になるひみつ
・何十年何千回しても飽きないセックス♡彼に求められ続ける方法
・彼とのセッ*スでオーガズムを迎える方法
・外イキ、中イキのこつ。ボルチオ性感帯でいく

講義内容はこれからもっと深めていきます。

神戸リアル講座

1回目 7/29(土)13:30〜16:30
2回目 8/27(日)13:30〜16:30
3回目 9/23(土)13:30〜16:30
※12時からランチ会あります♡

ZOOMオンライン講座の日程

1回目 8/4(金)19:30〜21:30
2回目 9/1(金)19:30〜21:30
3回目 10/6(金)19:30〜21:30

※録画もご覧いただけます

東京リアル講座

8/26(土)13:30〜16:30
(2回目の講義内容になります)
※11時半よりランチ会

料金 6万円(1回のみは3万円)

・6/28にこちらより募集開始です


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

夜も愛されるヒミツ♡ゆるふわ姫のための無料メルマガ

大人の女性としてセクシャリティを開花させて、


カレのハートをぎゅっとつかみたい。


そんなオトナ姫のために、メルマガをお届けしています♡


カラダの向き合う・女性性と向き合うとグングンよくなります。


カレはあなたを離さなくなっちゃう♡


 無料購読はこちらからお申し込みくださいね。




ひみつの夜の愛されメルマガ


   


メールアドレス 




※確実なお届けのために、パソコンアドレスをおすすめしています♡


発信は


@88auto.biz

info@toko-asada.com


ふたつのアドレスからさせていただいています。